WELCOME TO
TAKASHI MUKODA's
PORTFOLIO SITE

SCROLL DOWN
撮影:竹久直樹 写真提供:山口情報芸術センター[YCAM]

教育関連の経歴

2016
  • ニューヨーク州立大学パーチェス校にて、初めてのティーチングアシスタント(TA)の任務に就く。(コンピュータサイエンスの授業)
  • Coditum&SummerTechにてプログラミングを小中高生に教えるインターンシップを行う。(9月-12月)
2017
  • コンピュータサイエンス、微積分、数論など様々な授業でTAを担当するようになる。
2018
  • 大学を1学期休学(必要単位を事前に取得していたため)した際、明光義塾(3-8月)で塾講師のアルバイトを行い、主に中高生に英語と数学を教える。
  • 同時期に、Apressから出版されるプログラミングの本の校閲、および制作協力を行う。
2019
  • 折り紙と数学、及びWeb製作の授業のTAを担当する。また、折り紙の授業ではカリキュラムを教授と共に制作する。
  • 大学卒業後、折り紙と数学の授業を元に教授と本の出版することを決定。執筆活動を始める。
  • 8月より東広島學院:鹿島朝日高等学校通信制サポート校にて講師としてアルバイトを始める。
  • 9月4日-11日にYCAM(山口情報芸術センター)で行われたSFPC(School for Poetic Computation)のサマーキャンプ代表20名に選出され、コンピュータを詩的に利用した作品制作、及び授業方法についてを学ぶ。

受賞・ノミネート歴

2016
  • Peter Ohling New Media Award
  • ニューヨーク州立大学パーチェス校、Film & Media学部、New Media学科内で数年に1度、最も活躍した学生に贈られる賞です。

2017
  • Nomination for Thomas White Distinguish Scholar Award
  • ニューヨーク州立大学パーチェス校にて優れた成績を残した大学2年生に贈られる賞にノミネートされました。

2019
  • SUNY Chancellor’s Award for Student Excellence
  • ニューヨーク州立大学総長より、優れた成績、活動実績、及び貢献を積んだ卒業生に贈られる賞を受賞。(パーチェス校では2名受賞) 受賞記事

  • SUNY Purchase Outstanding Senior Award in Math/CS
  • ニューヨーク州立大学パーチェス校、Natural & Social Science学部、Math/Computer Science学科内で毎年、最も活躍した4年生に贈られる賞です。

著書・制作協力

大学卒業(2019年5月)より現在まで出身大学の数学教授であるJeanine Meyer氏と共同で数学の基礎を折り紙を用いて学ぶ書物『Origami with Explanations』の執筆活動をしています。2020年、World Scientific Publishing Company(世界科学版)から出版予定です。

Jeanine Meyer著書『The Essential Guide to HTML5』『HTML5 and JavaScript Projects』『Programming 101』の校閲及び執筆協力(図の作成及び内容の提案)を行いました。

Fernando Doglio著書『REST API Development with Node.js』の校閲を行いました。

教材制作

これまで、塾や大学の授業のための様々な教材作成、及び、授業カリキュラムの設計を行ってきました。このサイトでは、それらの活動の一部を紹介します。

File Path Quiz

大学時代、Web Scriptingの授業でTeaching Assistantを行った際に製作したWebアプリケーション「File Path Quiz」。授業でファイルのリンク方法を学ぶ際、多くの学生がどのようにリンクを作れば良いのか困惑していた。そのため、図を使いながらクイズ形式でリンク作りを練習するアプリがあれば良いのではないかと思い「File Path Quiz」を制作しました。実際に利用した学生たちからは図があるからイメージがしやすくクイズ形式なので楽しみながら覚えられるとの反応をいただきました。

Intro to Computer Graphics

大学の線型代数学の授業のプレゼンテーションのために製作したウェブサイト。行列に値を入力することで図形がどのように変形するのかを表現したいと思い、PowerPointなどでスライドを制作する代わりに、よりインタラクティブなWebサイトを作りデモンストレーションを行った。教授は今後の授業でもこのサイトを使っていきたいとおっしゃっていました。

遊び方色々 英語カード

東広島學院:鹿島朝日高等学校通信制サポート校にて動詞の過去形を楽しく覚えてもらうために作成した英語カードです。青カードには重要動詞の原形とその意味が、赤のカードにはそれらの過去形が書いてあります。以下はこのカードの使用例とその目的です。

  • 読み上げられた動詞が書かれているカードを取るカルタ遊び(アルファベットと発音を結びつけ、リスニング力を鍛える目的。)
  • 青カード(動詞の原形)を見せて、その過去形の書かれている赤カードを取るカルタ遊び(瞬発的に過去形を思い出す目的。)
  • 神経衰弱ゲーム(カードの位置を覚えるのと同時に書かれている単語を繰り返し思い出すことで記憶の定着を図る目的)

関連サイト